スポンサーリンク
育児&プレママ

【1歳女の子編】ワンオペお風呂の流れとおすすめグッズ紹介

ワンオペレーションお風呂のアイキャッチ画像
ディスプレイ広告

今回のテーマはワンオペお風呂についてです。現在1歳の娘を子育て中ですが1日の中でお風呂が一番大変と言っても過言ではありません。

中でも主人が夕方も在宅ワークの際はワンオペレーションで全てをこなさなければならないのでとっても大変です。

順番に解説していきます。

ワンオペお風呂の流れ

  1. お風呂上がりの準備 おむつ、パジャマ上下、肌着、麦茶、保湿クリーム
  2. お風呂の準備 お気に入りおもちゃ、ボディーソープ、脱衣所にバスタオル
  3. 母が体を洗う。(その際娘は水遊び)
  4. 娘の体を洗う。
  5. 2人でお風呂に入る。

1人で立てるようになった頃2人で浴室に入るようになりました。まだハイハイしかできない頃は筆者が体を洗っている際は脱衣所にハイローチェアを用意し、そこで待機をしてもらっていました。

※ベルトをしっかり締めて、常に娘の様子を見ながら母は体を洗います。

立てるようになると湯船のヘリに掴まって立っちをしてもらえるので、娘の体を洗うのが簡単です。

ワンオペお風呂は準備が大事

準備がとっても重要

  1. お風呂の設定温度を39度に(冬場は40度にしています。)お風呂内におもちゃとミニプールを用意
  2. 脱衣所には赤ちゃん用のタオルを広げておく(冬場は浴室、脱衣所の暖房を事前につけて温めておきます。)母用バスローブ
  3. リビングにはパジャマ,肌着,おむつ,麦茶を準備(冬場はリビング内も温めておきます。)その他綿棒など準備
ここまで準備すれば後は母→娘の順番で体を洗えば完了です。

娘はお風呂大好きなので基本的にグズらない子ですが母が体を洗ってる際はおもちゃが必要不可欠。(イタズラが始まるので)

我が家は赤ちゃん用のミニプール(1人用)にアヒルとミニボールを浮かめて遊んでもらっています。もちろん母が体を洗っているとはいえ母は娘から片時も目を離しません。シャワーが目にかかろうが目を開け続けます。

お風呂は危険がいっぱいです。大人用のシャンプーやお掃除道具などは娘とお風呂に入る際は全て撤去しています。危険は未然に防ぎましょう。

スイバーマ マカロンバス

前述にありました。ミニプールについて詳しく紹介します。我が家はこちらのビニールプールを使用しています。

対象年齢は0ヵ月〜24ヵ月 プールとしても水遊びにも使用出来ます。しっかり座れるような構造になっているので普通のミニプールよりしっかりした作りになってます。 

我が家は安全性の高さからこちらを採用しました。

スイバーママカロンバス

また空気を入れて膨らますタイプなので持ち運びに便利なところも◎

ただ1点だけ… できればの水抜き用の穴があるとより便利かなと。最後中の水を抜く時に穴がないのでちょっと大変です。

お風呂あがり編

お風呂上がりの準備セット
お風呂上がりセット

ここからが最も大変な工程になあります。

お風呂からあがったら母は脱衣所のバスローブを羽織り頭にタオルを巻きつけます。暴れる娘にも赤ちゃん用のバスローブを纏いリビングへ向かいます。

赤ちゃん用バスローブ
赤ちゃん用バスローブ

あとはしっかり体を拭き取り事前準備をしておいた

あ風呂上がりセット

保湿→おむつ→肌着を着せる→パジャマを着せる→麦茶を飲ませる 

の流れで終了です。

写真のようにすぐ履ける着れるように一手間加えるようにしてます。

バスローブ

ワンオペお風呂に欠かせないもう一点のアイテムがバスローブです。 先程もお話ししましたがお風呂からあがった後がめちゃくちゃ大変なんです。

自分に時間を費やしている時間は全くありません。とりあえずバスローブを羽織っておけばいいか(冬はそこそこ寒いが気合いで乗り切ります)みたいな感じで自分は適当になります。

最後に

ワンオペお風呂って本当大変です。今一瞬だけ誰か助けて!ということがはじめのうちは何度もありました。でもしっかり準備することと慣れることで少しづつ不安が消えましたよ。

ここからは私一個人の価値観ですが、バタバタしている時、無理に一緒に入らなくてもいいと思っています。娘だけ先にお風呂に入れて自分はパパが帰ってきたらゆっくり入ればいいし、なんなら夕方じゃなくてお昼過ぎにお風呂に入れちゃえばいいし、要するに無理しないことが大切だと思うんです。追い詰めてお風呂に入れて転倒させてしまったりしたら、そっちの方がよっぽど危険です!心に余裕のある時間帯でお風呂タイム楽しみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました