スポンサーリンク
育児&プレママ

【育児中のママ】趣味の時間の確保 朝活のすすめ

ディスプレイ広告

育児中のママの皆様日々の家事や育児お疲れ様です。

毎日日々やることに追われて自分の時間なんて全く確保できませんよね?筆者もまさにそのひとりでした。しかし、少しの早起きを心がけたことで朝の時間が自分へのご褒美となり時間と心に余裕が生まれました。

以前の私は慣れない育児に涙して自分の時間を確保することも出来ず毎日イライラがつもりにつもっていました。しかーし、朝のほんの数時間。ゆっくりコーヒーを飲んだり趣味の時間に充てたところ、とてもポジティブな気持ちになり1日をハッピーに過ごすことができました。

今回はそんな自分の時間を有効的に使う朝活について纏めました。

み〜ママ
み〜ママ
このブログを書いた人
  • まもなく2歳になる娘のママ
  • 朝活歴2年
  • 以前は元ホテルマンのためバリバリの夜型人間

朝活とは?

朝活とは朝の時間を使って活動すること。スポーツや読書、ヨガなどをして自分の時間を有効的に使う時間です。

特に育児中のママさんは毎日子どもといる時間が多いと思うので、朝のひとりの時間を確保することはとても重要だと感じます。

み〜ママ
み〜ママ

じゃあ、夜でもいいんじゃない?と感じる方もいらっしゃると思うので私なりの朝活のメリットを以下でご説明致します。

子育てママの朝活のメリット

  • 子どもに邪魔されず集中できる
  • 朝日を浴びて気分があがる

メリット①子どもに邪魔されず集中できる

朝のシーンと無音の時間はとても集中できて頭が冴えるのでさくさく家事や趣味がすすみ集中できます。

この無音の時間を一度体験してしまうと気持ちよくて朝活がクセになります。

夜型でもその状態は体験できますが、夜はサクサク動くよりも眠るためにリラックスの時間を設ける方がはるかにメリットがあるので夜を行動的になるのはあまりおすすめはしません。

み〜ママ
み〜ママ

良質な睡眠を得るために夜行動するのはおすすめしません!

メリット②朝日を浴びると気分があがる

朝日を浴びるとモチベーションがあがりポジティブな気持ちになるので、何か行動を起こしたくなります。

筆者の場合 ブログを始めたのも格安SIMに変えたのも投資をはじめたのも朝です!何か行動を起こすなら断然朝がおすすめです。

筆者の朝活の目覚め

以前の筆者は完全に夜型人間でした。

しかし、夜はなかなか活動的にはなれずダラダラとなんとなくテレビを観たりなんとなくスマホをいじったりと今思えば無駄な時間の使い方をしてしまっていたなと反省します。

夜にやることを決めてしっかりやれる方はとてもいいと思いますが、私のようなダラダラ人間には夜活は時間を無駄にするだけだったのです。

でも、それに気づいたのはここ数年のことでした。

朝活スタートの前にデジタルデトックス!

とりあえずテレビをダラダラ観て、スマホやSNSをダラダラとチェック気が付いたら日付が変わっており気が付いたら朝になっていることも…

\そんな中出会ったのがこちらの書籍/

\Amazonブラックフライデー実施中!/
Amazon

マイルールとして、朝活時にスマホは引き出しにしまっておいて視界からシャットアウトしています。スマホもダラダラ見をしなければ情報を得るツールとして最強アイテムですが、目的もなくダラダラといじっているとあっという間に時間が過ぎて時間を無駄にしてしまっていることが多いので時間と目的を決めて使用しましょう。

書籍は紙ベースより電子書籍がおすすめ!

朝活は耳からのインプットを!

朝は趣味の時間に充てたいが前述したようにせっかくの朝活を害しかねないスマホはシャットアウトし筆者の朝活は耳から情報をインプットをしています。

おすすめがecho show スマートスピーカーです。

筆者が使用している機能
  • 家事をしながら聴く
  • 動画が観る
  • やることリストを作成できる

家族が起きてくる前に洗い物や家事をしながら音楽を聴くのが日課の筆者 家事の手を止めることなく「アレクサ○○の音楽かけて!」の一声で反応してくれるので本当に助かっています。

また、金融の勉強やニュースなどをエコーでYouTubeを流して耳からインプットをしています。ながらで学べるのでとっても便利です。また、やることリスト作って、やるべきことをアレクサに記憶してもらっています。忘れっぽい筆者には本当に重宝している機能です。

終わりに

朝の時間を有効的に使うことで頭がシャキッとし気持ちが明るく前向きになれました。

朝は本当に眠いし、後5分寝ていたい!と筆者も毎日葛藤しておりますが、朝早起きをすると本当に得をします。1日を長い時間過ごした気分になるからです。早寝早起きを心がけて皆さんもよい1日をお過ごし下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました