スポンサーリンク
育児&プレママ

1歳子連れでの家づくりで大変だったこと 打ち合わせ編

ディスプレイ広告

2022年9月 神奈川県の某所に新築戸建てへ引っ越しをしたみ〜ママと申します。

家づくりを始めたのがちょうど1年前の秋頃で(娘は当時0歳10ヶ月)娘もあんよが上手になってきた頃だったので打ち合わせや内覧がとっても大変でした。

その時に助けられたアイテムやここが特に大変だった!ということを今回纏めて行きたいとおもいます。

このブログを読むと分かること
  • 子連れ家づくりの大変な所
  • 子連れ家づくりの打ち合わせ時の必須アイテム
  • 子連れ家づくりが大変!脱却法

子連れ家づくりの打ち合わせ ここが大変

打ち合わせ時 大変だったこと
  • お昼ご飯の準備
  • おむつ替えが大変
み〜ママ
み〜ママ

1つ1つ以下で解説致します。

子どものお昼ご飯問題

我が家のハウスメーカーは基本的に1回の打ち合わせが長丁場であることが多かったので、その度に娘のお昼ご飯に悩まされていました。

そんな時に助けられたのが 和光堂の栄養マルシェシリーズです。

そのままでも食べられてとっても便利

主菜とおかずがこれ一つで完結して、栄養のバランスが摂れるランチボックス。我が家はこちらのボックスを防災カバンにも入れています。

み〜ママ
み〜ママ

スプーンもついてるので、そのまま持って行けてその場ですぐ食べられるメリットあり!おすすめです。

スナックパンやお菓子でどうにかやり過ごしたこともありましたが、食べる量が多い我が子には到底足りず ならばと思い切ってこちらをあげたところ大正解でした。

おむつ替え問題

打ち合わせの途中でおむつ替えの度に車に戻ってのオムツ交換が本当に大変でした。

  1. 車内が汚れないようにおむつ替えシートを敷く
  2. 暴れる娘にタブレットを見せて大人しくしてもらう
  3. 使用後のおむつを袋に入れて
  4. 新しいおむつに履き替えて 完了

この工程省きたい、、、。

出先での面倒なおむつ替えなんとかしたい!

事前にオムツにこのライナーを貼っておけばオムツ替えの際にこのライナーを後ろからスルリと取るだけなのでとっても簡単です。

み〜ママ
み〜ママ

オムツの節約にもなるので経済的 こちらも防災カバンに入れてます。

\おしっこライナーについてはこちらの記事をご覧下さい/

大変な子連れ家づくり 脱出法①実家に預ける

我が家は実家が近いので度々長い打ち合わせの日は両親に面倒をみてもらいました。

実家に預ける時の持ち物
  • 着替え
  • おむつ
  • お菓子
  • お気に入りのおもちゃ
  • マグ
み〜ママ
み〜ママ

当日の持ち物は最低限。当日はバタバタしていることが多いので事前に必要なものは打ち合わせ当日までに実家に運んで置かせてもらっていました。

特におむつやお尻ふきなど嵩張るものやミルクやお菓子などは現在も非常用として実家に常備しています。

大変な子連れ家づくり 脱出法②一時保育を利用する

我が家は利用することはありませんでしたが、念のため利用する可能性があったのでいくつかの保育園に問い合わせたことがあります。

地域にもよるかもしれませんが。基本的に認可保育園の場合一時保育が行われていることが多い様なので利用してみてはいかがでしょうか。

支援センターなどの記事もあります。こちらも是非ご覧下さい。

一時保育に不安がある方は上記の記事に記載していますが、市の支援センターに相談をしたり 実際の保育園に問い合わせて見学や未就園児向けのイベントなどを開催している保育園もありますので一度参加されることをおすすめします。

まとめ

打ち合わせ時 大変なこと
  • お昼ご飯の準備
  • おむつ替えが大変

それぞれの解決策となるアイテムが

  • 和光堂のランチボックス
  • おしっこライナー

またどうしても重要な打ち合わせで子どもを連れて行けない時は実家や義理の実家に頼ったり、認可保育園の一時保育を利用することをおすすめします。

最後に 大切なマイホームづくり。子どもを連れての打ち合わせは本当に大変でした。

しかし、現在引っ越しをして感じること、自分好みの間取りにできたこと。納得のゆくマイホームができたこと本当に嬉しく感じています。

大変な時間はほんの一瞬です。家づくり頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました